建築構造を進化へと導く 《共創パートナー》
SABTEC指針のご紹介
 
SABTEC機械式定着工法RC構造設計指針(2017年)
  SABTEC機械式定着工法RCS混合構造設計指針(2017年)
 SABTEC機械式定着工法設計指針(2014年)発刊後も、機械式定着工法の使用実績が増加する一方で、実験データの増加に伴い、本設計指針採用の接合部必要横補強筋比の信頼度が向上しました。これらの点を踏まえ、機械式定着検定を的確かつ効率的に行えるように、設計指針(2014年)をRC構造設計指針(2017年)に改定しました。
 また、設計指針(2014年)掲載のSRC柱梁接合部編、柱RC梁S接合部・柱SRC梁S接合部編、ならびに新規の鉄骨露出柱脚・基礎梁主筋定着部編からなる設計指針として、RCS混合構造設計指針(2017年)を発刊しました。
 現在、RCS混合構造設計指針(2018年)の改定に向け、鉄骨根巻き柱脚・基礎梁主筋定着部編を新たに盛り込むほかに、鉄骨露出柱脚・基礎梁主筋定着部編の改定を準備している。添付PDFファイルのRCS混合構造設計指針・正誤表および露出柱脚編・検定計算例集は、鉄骨露出柱脚・基礎梁主筋定着部編(2018年)の改定内容を盛り込んで作成されている。
書籍購入申込書
講習会RC構造設計指針PPT
講習会RCS構造設計指針PPT
RCS混合設計指針・正誤表
露出柱脚編・検定計算例集
SABTEC機械式定着工法デザインマニュアル(2014年)   
 デザインマニュアル(2014年)は、設計指針を補完する技術資料であり、入門書的な解説資料のほかに、設計指針(2014年)で提案する種々の接合部配筋詳細図などを網羅的にまとめた「標準配筋詳細仕様書」などの設計資料を掲載しています。
設計指針(2014年)およびデザインマニュアル(2014年)は売切れです。
講習会デザインマニュアルPPT
TOP |  当機構の概要 |  会員 |  技術支援 |  技術検証 |  入会お申込み |  技術情報サービス |  サイトマップ
個人情報管理方針